【レトロゲーム】’80sビデオゲームについて語る(1980~83)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回からの続きです。

1980~83年 ビデオゲーム~名作ばかり!

パックマン(ナムコ)

  • 4方向レバーを使用
  • 迷路の中のパックマンを操作
  • 迷路には4匹のモンスター
  • しかも4匹とも性格が違う
  • 迷路のエサを全部食べるとクリア
  • 餌の中にもパワーエサが4個あって、それらを食べると反撃できる

という基本ルールのみならず、


ワープトンネルにフルーツ、
クリア後のコーヒーブレイク、
可愛いグラフィック、
派手なテクノサウンド…

その登場に全てが衝撃でした。

攻略パターンも複数存在したのが、
何度やっても飽きない
理由だったと思います。

ムーンクレスタ(日本物産)

日本物産 二大タイトル のうちの一つ。

ナムコのギャラクシアンに
背景が似ていますが、
斬新だったのが

3つのカラフルな自機を操作し

  • 面の途中で自機をドッキング出来る
  • 敵キャラが弾を打ってこない(体当たりのみ!)
  • 敵キャラが大きく、動作が早く、キレイ

という点が、他のシューティング系ゲームにない特徴でした。

クレイジー・クライマー(日本物産)

日本物産 二大タイトル のうちの一つ(二つめ)。

通常「ヒットゲーム」というものは

模倣されるもの

なのですが、本作品は未だ
類似ゲームが無い
唯一無二の特殊な雰囲気を持っています。

「超高層ビルの屋上まで、窓を素手で登る」

というコンセプトがブッ飛んでます。

4方向レバー2本(左手、右手)を使用

というインターフェースが斬新でした。

敵キャラも、

  • 窓が閉まって手を挟む
  • 住人が花瓶や植木鉢を落下させる
  • コンドルが卵とフンを落下させる
  • キングコングがパンチを繰り出す
  • 火花を散らす切れた電線が振り回される
  • 外れた看板が落ちてくる

と、どんだけデンジャラスなビルなんだ。

これ、いまグラフィックをリメイクした
だけでも面白いと思います。

ギャラガ(ナムコ)

この頃のレトロゲームで、

最も長く人々にプレイされたシューティング

ではないでしょうか?

  • 誰が見てもギャラクシアンの後継と分かるグラフィック
  • 画面外(横・下)から敵が襲撃
  • 自機を敢えて敵に捕えさせ、並列に2機合体出来る
  • ボーナスステージの存在

という点が斬新でしたね。

というか、

未だにプレイします。ギャラガ。

その後、

  • ギャプラス
  • ギャラガ ’88

といった正統後継ゲームも生みました。

マリオブラザーズ(任天堂)

「スーパー」が前に付かない
点に注意!(笑)

マリオシリーズで「マリオ」の名が
始めてタイトルに付いた
記念すべき作品。

マリオの職業は配管工

という設定は、ここからなんですよね。

  • 100円で2人同時プレイが出来る
  • 協力プレイも、裏切りプレイも出来る
  • 相手にミスをさせる戦略が無数に存在

という点が斬新でした。

この前、甥が人生初の
本作品プレイだったんですけど、

迷わず敵のカメを踏んづけに行き、即効1ミス

したのを見て、

暗黙の了解のジェネレーションギャップ

を感じました。

マッピー(ナムコ)

僕が一番好きなビデオゲーム

かもしれません。

  • 主人公がネズミの警官
  • 敵キャラが泥棒ネコ
  • 盗品を取り返すとクリア

というコンセプトと、

  • キャラデザインの可愛さ
  • ポップなサウンド
  • トランポリン、ベル、落とし穴やパワードアというギミック

という比のうちどころの無い
オリジナリティで、マッピー登場後
このゲームだけを夢中でプレイしました。

何かで読んだんですが、
あのすぎやまこういち氏

「ゲームセンターで初めて音楽らしいものがついている、と思ったゲームがマッピーだった」

と語った、とのこと。

まとめ

この頃のビデオゲームを
リアルタイムで体感出来たこと
改めて幸せな事だったんだな~と、

プライスレスの財産

を感じずにはおれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*