【IT】iPhoneの容量が足りない…物理的に増やす方法?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はiPhone使いで現在所持
しているのはiPhone6なのですが、
費用面から

ずっと容量16GB

のモデルを使い続けています。

今まではそんなに不自由を
感じなかったのですが、

風景の写真や動画の撮影を
するようになってから、
容量不足が目立ってきました。

iPhoneの空き容量を
増やす方法を考察しました。

まずは試すべきこと

一番簡単なのは、使ってないAppを削除

…当たり前なんですが、
意外と盲点です。

  • インストールしたはいいが、2~3回起動してやめた
  • 昔は使ってたんだけど、今は使ってない
  • OSのアップデートで使えなくなってしまった

なんていうAppはありませんか?

App整理作業って地味で面倒なので、
Appは増える一方になりがちです。

まずはiPhoneにインストールされて
いる全てのAppに目を通して、
不要なAppを削除してみると
十分空き容量ができたりします。

 Webブラウザ「Safari」のキャッシュ削除も効果あり

個人的に、こんなに効果があると
思わなかったのがこれです。

「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを削除」で、
キャッシュの削除ができます。

しかし、サイトによってはパスワード等の
認証が省かれていたサイトが、
認証を求められる挙動に変わって
しまう可能性もあります。

その点を事前に注意してから、
実施して下さい。

どうしても足りないなら、物理的に増やしてしまう

僕の場合、動画を撮影したいので
どうやっても今のiPhoneでは
容量不足を避けられませんでした。

そんな時、
iPhoneに刺して使えるUSBメモリみたいな、

物理的にiPhoneの容量を増やせるハードウェア

の存在を知りました。

始めてそのビジュアルを見たときは
感心しちゃったんですけど、

  • 片側がiPhoneのLightning
  • もう片側がUSB

のコネクタになっているため、
簡単にiPhoneのデータやファイルを、
PCにもコピーできるようになってるんです。

「Lightning USBメモリ」とかって
検索すると、色々製品がでてきます。

その中で盲点なのですが、

iPhoneケースを外さないと装着できない製品が多い

iPhoneユーザーって大概ケースを
使ってるでしょうから、
ケースをiPhoneから外さないと
使えないのは使い勝手が悪すぎます。

Lightningインターフェース部分が
4~5mm出っ張ってて、
iPhoneに刺した時に
ケースに干渉しないような工夫
あることが必要になります。

そして、ただのUSBメモリのような仕様だと、

  1. iPhoneの容量が足りなくなる
  2. iPhoneに刺したUSBメモリにファイルを退避
  3. 退避したファイルを、iPhoneから削除

といった作業になってしまうため、
これでは使い勝手が悪い。

意外と、
直接Lightning USBメモリに
写真や動画を保存できない
商品が多くて注意です。

直接USBメモリに写真や動画を
保存するためには、
Lightning USBメモリ専用の
Appが対応
していなければなりません。

まとめると…僕には以下のような
条件の「Lightning USBメモリ」が
必要なのだ、という結論になりました。

  • iPhoneケースを外さずに装着できる
  • 直接USBメモリに、写真や動画が保存ができる

そのどちらも兼ね備えた商品は…

  • HooToo ライトニング USB メモリー HT-IM003

となりました。

意外と要望を満たすものが少ないんですね。

「HooToo ライトニング USB メモリー」
これで容量不足を解消しながら、
iPhone6を使っていきたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*