Googleアドセンス2次審査通過しました~その経過メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアドセンス審査申請を実施し、
無事に2次審査に合格しました。

Googleアドセンス審査は2016年から厳格化された

といった情報が複数のブログで散見され、

  • 1次審査で落ちた
  • 2次審査に入っても落ちた

といった方も相当数いらっしゃるようです。

今回僕は、1次審査は数時間、
2次審査は1週間で通過することができました。

他の方がされているように、僕も
アドセンス審査時の情報を公開し、
何方かの助力になればと思います。

真実もあれば誤りもある、Googleアドセンス審査、Webで囁かれるポイント

僕がWebで調べたところ、
大体下記のようなポイントが
あげられます。

  • 無料ブログはNG、独自ドメインサイトでの申請が必須
  • 記事数は20以上は必要(30以上推奨)
  • サイト運営期間は1ヶ月以上必要
  • 記事あたりの文字数は1,000文字以上
  • ソーシャルボタンの実装はNG
  • 画像貼り付けはNG
  • リンク貼り付けはNG
  • 日記ブログはNG
  • アドセンス申請後も、ブログ更新は続ける
  • PV数が50~100必要
  • アドセンスポリシー違反になる内容はNG

Webサイトによって情報のバラツキは
勿論ありましたが、概ねこのような
内容と思います。

僕がアドセンス申請をした際の、
サイト情報を記述しました。

無料ブログはNG、独自ドメインサイトでの申請が必須

Xサーバーをレンタルしドメイン取得、
WordPressをインストールしてサイト作成しました。

記事数は20以上は必要(30以上推奨)

申請時の記事数は15で、
2次審査通過時で23記事でした。

サイト運営期間は1ヶ月以上必要

申請時で運営開始1週間でした。
2次審査通過時で2週間です。

記事あたりの文字数は1,000文字以上

1記事あたり1,000文字は超えています。
2,000文字超の記事もありました。

やはり、ある程度掘り下げて記事を
書くと、1,000文字以上には
なってくるかなと思います。

ソーシャルボタンの実装はNG

これがないブログを不自然に感じたので、
FB, Twitter, はてブ, G+
Wordpressのデフォルトで実装していました。

画像貼り付けはNG

これも不自然に感じたので、

  • 自身で撮影した画像
  • 著作権的に問題の無い画像

はブログに掲載していました。

リンク貼り付けはNG

これも不自然と感じたので、内部リンクは実装しました。

日記ブログはNG

日記、雑記ブログで申請しました。

但し、読み手のためになる情報や
面白いと思ってくれる書き方を
意識しました。

アドセンス申請後も、ブログ更新は続ける

記事数15じゃちょっと少ないのかな~
と思っていたので、記事を書き溜めて
投稿予約で毎日1記事アップを
し続けていました。

PV数が50~100必要

独自ドメインでサイト立ち上げしたので
1日のPV数は15~30、多くて60程度でした。

アドセンスポリシー違反になる内容はNG

よくやりがちなのが、

ギャンブル、酒、タバコ、広告クリックの誘導、著作権違反

といった記載があったので、内容には気を配りました。

しかし、

プロレスに関する記事暴力描写になったりしないかな?大丈夫かな…

と、内心ビクビクするものも中にはありました。
が、結果大丈夫でした。

Googleアドセンス2次審査通過までの流れ

1次審査

アドセンス申請したら画面が遷移し、

<head>タグを探し、その直後に貼り付けます。

が現れたので、
「あれ1次審査通過?」となって、
広告コード張り付け作業を行いました。

また、5時間後くらいに1次審査通過メールを受信。

勝手な解釈ですが、ここは機械的な
判定のみが行われている印象。

2次審査

申請からちょうど1週間後に、
2次審査通過のメールを受信しました。

まとめ

Googleとしては、

  • ブログの投稿数が少なかったり、
    1投稿の文章が短かかったり、
    ブログが運営開始直後だと、
    「ユーザに価値を与えるブログ」かどうか分かんないよ
  • 著作権的に問題のある画像使ったらダメよ
  • 問題のあるサイトにリンクしたらダメよ
  • 広告や外部サイトに誤誘導させたらダメよ
  • ギャンブル、酒、タバコはダメよ

…といった点を気にしており、
それがWebで囁かれるポイント
なっている印象を持ちました。

 

Googleアドセンス審査基準の本質は、
「役に立った」、「面白かった」など、

「読み手に何らかの満足感を与える」

コンテンツであるかどうか、
ということではないかと。

 

僕のボリュームの多くない
雑記系ブログでも大丈夫でしたから、
通過するためのテクニックだけでなく、
読み手の立場に立ったコンテンツ 且つ
自分の言葉 や 自分の価値観 の
表現であれば、きっと審査通過すると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*