潜在意識とかさとるとか1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「潜在意識」を使って

「悟ろう・気付こう」

みたいな文章を
良くスピリチュアル系ホームページ
でも目にします。

しかし、


どんな状態を「悟り」って
いうのかって、
サイトそれぞれ、
人それぞれの感じがしますね。

しかも
「悟った後・気付いた後」
ってなんとなく、
苦しみがなくなったり、
幸せ感がずーっと続いたりして
嫌な事が起きなくなるような、
魔法みたいな響きもあり…。

僕自身は
俗物にまみれているのか
まだまだ全く悟ってないのですが、

全身麻酔の手術を受けたのを
キッカケに、なんだか

『所謂「エゴ」とか「自我」は、自分自身ではない、と言う事に気づく』

ということが
「悟る」ってことなのかなぁ、
と漠然と思っています。

そもそも、
僕がスピリチュアルだの
潜在意識だのに
興味を持ち始めたきっかけは、

ある心理系セミナーに行った際に
「瞑想」を勧められたから

なんですね。

その時の僕は、
おもいっきし理系な思考のSEだったため、

「瞑想?なんかカルト宗教がやるやつじゃないの?
このひと、なんか胡散臭いこと言い始めたなぁ…」

なんて思ってました。

でもその後、
自分でもWebや本を読んだりして
調べたら、心理系の書籍でも、
スピリチュアル系の書籍でも、

「瞑想はイイ」

と記述されてるんですね。

どちらの立場の人間も、
「瞑想ってイイよ!」
といってるなら、
きっと良いんだろう、
と思って、Appを使ったりして
瞑想は続けてます。

実際、ホントに
なんだかスッキリするし、
効果を感じるし。

でもなんで瞑想ってイイの?
これってなんなの?
という興味から、

徐々にスピリチュアルだの、
潜在意識だのといった

書籍やWebを呼んで理解を深めたい!

という方向になっていきました。

僕は理屈をこねる事が好きだし、
それが拗らせて高じて
プログラマ、
システムエンジニアに
なったようなものだし、

今までの知識や経験を使って、
頭でよく考えてから結論を出すタイプでした。

でも、潜在意識系の考え方って、

  • 頭でいくら考えても、それはエゴが考え出した範囲はとても狭義なもの
  • それよりも考えるのやめて、直感で行動したほうが人生うまくいくよ
  • 苦労とか苦しい思いも、しなくていいんだよ

ってな感じじゃないですか?
(かなり意訳)

それが最初は全然受け入れづらく…。

それって今までの俺の生き方、考え方の真逆じゃんか!

人生はなんか色々苦労して乗り越えてくものなんじゃないの?!

って。

でも、その

「直感でいいよ」

「苦労とかしなくていいよ」

を地で行ってる人がすぐ近くにいたんです。

それは私の奥さんでした。

続きます

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*