【回転すしの世界】くら、はま、スシロー … 一番はどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回転寿司屋さんって、いつの間にか
チェーン店が増えてきましたね。

昔は、
レーンに流れてるネタを取って食べる
のがルールで、流れていないものだけ

カウンターの板前さんにオーダー
できるのが暗黙の了解でした。

しかし今は、全てタッチパネルで
注文できるのは気を使わず、
ネタも新鮮で回転すし業界自体、
本当に変わりました。

たまたまウチの近くに、

  • 無添くら寿司
  • はま寿司
  • スシロー

の3店舗がありますため、
独断と偏見のレビューを
してみたいと思います。

無添くら寿司

  • シャリカレー
  • 牛丼を超えた牛丼
  • すし屋の天ぷら
  • 胡麻香る坦々麺

等といった新機軸が
毎回楽しいのですが
もはや何屋かわからない(笑)

「丼ものだけ食べて退店」するひとって
どれくらいいるんでしょうか?

肝心の寿司ネタは無難な印象です。

そして「ビッくらポン!」のために
5の倍数の皿で食べ終わりたく
なります。

僕は「ビッくらポン!」は3回に1回の
割合でガチャガチャが当たりますが、
当選確率はそんなもん
なんでしょうか?

安さ:★★★★☆
独自性:★★★★★
ネタの美味しさ:★★★☆☆
総合:★★★☆☆

はま寿司

平日なら90円というサービスは
ここだけですね。

平日夜に、はま寿司行ったりすると
なんかトクした気になります。

季節ごとに変わる限定メニューには
魅力的なものも多く
「期間限定 中トロ100円」
等、高級なネタを低価格で提供
する姿勢を感じます。

また、5種類の醤油が楽しめるのも
特徴ですね。

僕は九州の「甘口さしみ醤油」が
一番好みです。

安さ:★★★★★
独自性:★★★★★
ネタの美味しさ:★★★★☆
総合:★★★★★

スシロー

ネタそのもののクオリティが高く、
マグロやサーモン、ほたてといった
通常のネタが美味しいと感じます。

同時にスシローは、
「180円」 「280円」
のメニューも多く、他店よりも
全て食べ終えた際の支払金額が
高くなりがちです。

しかし、個人的に
「生本鮪6貫盛(980円)」
は回転すしのレベルを超えている
美味さと思いますね。

安さ:★★★☆☆
新規性:★★★★☆
ネタの美味しさ:★★★★★
総合:★★★★☆

まとめ

独断と偏見でレビューした結果…

1位:はま寿司
2位:スシロー
3位:無添くら寿司

このような結果になりましたが、
如何でしたでしょうか。

1位をはま寿司にしましたが、
くら寿司には「牛丼」や「坦々麺」が
デビューしたらまず
試食しに行きましたし、

スシローに行くと、
「やっぱ単価高いネタは旨いなぁ!」
となります。

各々、強みや個性が異なりますし、
今後の新サービス、新メニュー、
更なる既存ネタの美味しさアップを
期待して、終わりたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*